ファミケア相談Q&Aアプリで解決!>> 無料で使う

ディズニーランドできざみ食・ペースト食に対応しているレストラン一覧!食事加工可能なレストランのおすすめポイントも紹介

  • URLをコピーしました!

ディズニーランドに行ったら楽しみたいポイントの1つが「フード(食事)」ですよね!シーズン限定のフードやキャラクターモチーフのドリンクには思わずワクワクしてしまいます。

そんなディズニーランドですが、実は嚥下障害や胃ろう造設しているゲストなども楽しめる工夫として、食事加工のサービスを提供を実施しています。今回の記事では、そんな食事加工のサービスの中からきざみ食・ペースト食対応のレストランを紹介します。

目次

ディズニーランドできざみ食・ペースト食は対応してもらえる?

ディズニーランドでは、通常のメニューをきざみ食ペースト食で提供してくれるサービスがあります。ただし、サービスを提供してくれているお店は決まっており、フードワゴンなど一部の店舗では対応はできません。事前に行きたいレストランを決めてから、利用しましょう。

また、きざみ食・ペースト食以外の食事に関するサービスとして

  • レトルト食品の湯煎
  • 電子レンジによるお弁当の加熱
  • ベジタリアン向けのメニューの提供
  • 低アレルゲンメニューの提供

もあります。

ディズニーランドでは、基本的に食事の持ち込みはできませんが、アレルギーや嚥下障害等で食事を持ち込む必要がある場合に関しては持ち込みが可能となっています。

きざみ食・ペースト食の注文方法

きざみ食やペースト食の注文方法は、当日レストランに行ってキャストの方に注文するだけです。特別な予約は必要ありません。

ライター すずき

特別な予約が必要なく、むしろ普通の注文のように受けてくれるのが嬉しい…!

メニュー内のほとんどの料理で食事加工が可能(一部不向きな食材等が含まれるものは不可)となっているため、以下の手順で好きなメニューを選んで食事加工サービスを頼みましょう。

  1. 注文したい料理を頼む
  2. きざみ食(ペースト食)にしてほしいことを伝える
  3. どんな形態だと食べやすいかなど聞かれるので「1cmきざみでお願いします」など伝える
ライター すずき

形態の希望を伝える必要があるので事前に決めておきましょう

どうしてもキャストの方に声をかけるのが心配な方は、ネームプレートにトレーナーピンをつけているキャストさんに頼むと安心です。トレーナーピンは、ジミニークリケットがついているピンバッジです。トレーナーピンは、他のキャストにトレーニングできるキャストさんがつけることができる証で、ディズニーランドのさまざまな対応に慣れています。

ただ、どのキャストさんにお願いしてもしっかり対応してくれるので安心してくださいね。

きざみ食・ペースト食レストランはプライオリティシーティングがおすすめ

きざみ食・ペースト食を提供しているお店のほとんどが、プライオリティシーティングに対応しています。プライオリティシーティングを利用することで、レストランを確実に利用することができ、並ばずに席も確保ができるのでおすすめです。

プライオリティシーティングはレストランやショップの来店時間を決めて事前に予約できるサービスで、来園日の1ヵ月前から予約が開始されます。インターネット予約となっているので、希望のレストランに狙いを定めて予約開始と同時に予約するようにしましょう。

ライター すずき

ただし、予約開始から5分以内には予約締め切りになってしまうほど、ものすごく混むので予約には気合が必要です!

なお、キャンセルが出た場合はキャンセル枠に予約することも可能です。

また、予約枠には2パターンあり、「1ヵ月前から前日の間に予約できる枠」「当日予約開始の枠」があるので、予約がとれなかった場合は

  • キャンセル枠を狙ってこまめにチェックする
  • 当日の朝サイトへアクセスして予約する
  • プライオリティシーティングなしのレストランを利用する

といった方法できざみ食・ペースト食の加工対応のレストランを利用することができます。

プライオリティシーティング
https://www.tokyodisneyresort.jp/tdl/guide/priorityseating.html

固さや好みの調整グッズは忘れずに

ディズニーランドでは、きざみ食やペースト食の加工に対応していますが、必ずしも子どもに合った形態にできる訳ではありません。子どもによって微妙な調整が必要になることもあると思いますので、普段使っている茶こしやとろみ剤などのグッズは持っていくことをおすすめします

ディズニーランドできざみ食・ペースト食に対応しているレストラン一覧

ディズニーランド内できざみ食やペースト食に対応しているレストランは10箇所です。(PSはプライオリティシーティング対応レストランです)注文と配膳をキャストの方がしてくれる店舗もあれば、自身で好きな料理を注文して席に持っていくスタイルもあります。

エリアレストラン名料理PS
ワールドバザールイーストサイド・カフェパスタ料理
ワールドバザールセンターストリートコーヒーハウス洋食
ワールドバザールれすとらん北斎和食
アドベンチャーランドクリスタルパレス・レストランビュッフェ
アドベンチャーランドブルーバイユー・レストランフレンチ
アドベンチャーランドポリネシアンテラス・レストランハワイアン料理
ウエスタンランドザ・ダイヤモンドホースシュー洋食
ウエスタンランドプラザパビリオン・レストラン洋食
ファンタジーランドクイーン・オブ・ハートのバンケットホール洋食
トゥモローランドプラズマ・レイズ・ダイナー和食・洋食
きざみ食やペースト食に対応しているディズニーランドのレストラン一覧

ディズニーランドできざみ食・ペースト食に対応しているレストランの紹介

それぞれのレストランやメニューも紹介します!レストランによって提供している料理の種類も違うので、親子でお好みのレストランを見つけてみてくださいね。

イーストサイド・カフェ(ワールドバザール)

イーストサイドカフェは20世紀初頭のアメリカをモチーフにしたレストランです。

料理はパスタが中心となっており、前菜やデザートがついたシーズンのスペシャルセットが用意されることが多いお店です。パスタと温野菜、スープやゼリーがついたお子様セット(1,400円)もあり、低アレルゲンメニューも提供しています。

オーダーをとってくれて席まで料理を運んでくれる注文形式で、席から離れることなく食事を楽しめるのも魅力的!窓も多く明るい店内で、座席はテーブル席とソファー席があります。

2,000円〜5,000円くらいの価格のメニューが多いので、しっかり食事をしたい人向けです。

パスタが1から2センチに刻まれているお子様ランチプレート
パスタ1〜2cmきざみのお子様ランチプレート

センター・ストリートコーヒーハウス(ワールドバザール)

ワールドバザールのセンター・ストリートコーヒーハウスはハンバーグやカレーのプレートが楽しめるアールデコ様式のレストランです。店内が海外のカフェのような雰囲気でとてもかわいいのがポイント!

このお店の人気は、ステーキプレートとコーヒーハウスというだけあってドリンクです。かわいいキャラクターモチーフのフロートやカフェを楽しむことができるので、一緒に写真を撮影するのも楽しいです。サラダやスープのサイドメニューもあるので、メインの料理にプラスして注文することができます。

お子さまセットもあり、低アレルゲンメニューも提供しています。食事の提供スタイルは、席で注文して運んできてくれるスタイルです。

予算は1,000〜4,000円となっていて食べやすいプレートからしっかりと食べられる料理まで豊富に揃っています。

れすとらん北斎(ワールドバザール)

れすとらん北斎は、東京ディズニーランドで唯一刺身や天ぷら、定食などの和食を提供しているお店です。古き良きアメリカで愛される日本の味がコンセプトとなっており、アメリカで愛される日本食のレストランをモチーフにしています。

天麩羅御前や天麩羅定食、ロースかつ膳、鮪と海鮮のちらし丼など豊富な和食のメニューが取り揃えられています。お値段は2,500円前後で、シーズナルメニューでは3,600円程度。お子様セットも用意されており、他のレストランとは違った海苔巻きなどがついた和食のセットになっています。また、低アレルゲンメニューにも対応しています。

れすとらん北斎は入るまでに階段がありますが、エレベーターがあるためバギーや車椅子でも安心して利用できます。

クリスタルパレス・レストラン(アドベンチャーランド)

クリスタルパレス・レストランはビュッフェ形式のレストランです。クリスタルパレス・レストランの嬉しいポイントはなんといっても美しい宮殿のような建物。ガラス張りで日中は陽の光が入り、夜にはライトアップが綺麗なレストラン内を楽しむことができます。シンデレラ城前の広場に面しているため、ディズニーランドらしい景色も楽しめます。

また、ビュッフェ形式のレストランはディズニーランド内でここだけです。ビュッフェでは、メインやサイドメニューをはじめ、スープ、デザートなどの種類も豊富。食べやすいものを選んで食べられるのが嬉しいポイントです。

食べ物を取りに行く必要があるため、その点だけ注意が必要です。大人は4,500円で4歳から6歳の子どもは1,800円、7歳から11歳の子どもは2,850円です。

ブルーバイユー・レストラン(アドベンチャーランド)

アトラクション「カリブの海賊」内にあるのがブルーバイユー・レストランです。食事をしながらアトラクションの雰囲気を楽しめる、とても人気のレストランになっています。レストラン名のブルーバイユーは、青い入り江のことで、水辺の静かでロマンティングな雰囲気が魅力です。

なお、ブルーバイユー・レストランでは基本的にはコース料理のみの提供です。子ども用にお子様セットもあります。コース料理は7,500円から9,000円、お子様セットは1,900円です。

店内が薄暗くなっていて特別感のあるロマンティックな雰囲気なので、記念日利用などに人気があります。ワイワイとした雰囲気を楽しみたいときには、他のレストランを予約するのがおすすめです。

ポリネシアンテラス・レストラン(アドベンチャーランド)

南国の雰囲気が楽しめるポリネシアンレストラン。ジャングルクルーズやウエスタンリバー鉄道の隣の奥まった場所にあります。ポリネシアンレストランはショータイプのレストランで、食事とキャラクターショーがセットになっています

ドリンクは好きなものを注文することができますが、食事はセット1種類のみです。食事ではなく、席によって料金が異なり、S席6,500円、A席6,000円、B席5,500円です。4歳から11歳の子どもは子ども用セットでS席4,500円、A席4,000円、B席3,500円となっています。

子供用のお子様セットと低アレルゲンメニューは提供されているため、必要な場合はこちらを注文できます。食事内容はハワイアン料理でミッキーの形のハンバーグやチーズクリームドーナツなど見ても食べても美味しいメニューが盛りだくさんです。

ザ・ダイヤモンドホースシュー(ウエスタンランド)

ザ・ダイヤモンドホースシューは、キャラクターショーを見ながら食事が楽しめるレストランです。1階と2階のシアター形式になっています。食事をしながらキャラクターに会えるということもあり、大変人気でプライオリティシーティングで予約するのもかなり気合のいるレストランになっています。

食事は特別セットになっていて、選べるのはドリンクのみです。子ども用にはお子様セットがあります。食事内容は、アメリカ西部をイメージしており、骨付き肉やトルティーヤ、馬蹄形のパンが人気です。低アレルゲンメニューにも対応しています。

食事ではなく席料金になっており、S席6,500円、A席6,000円、B席5,500円です。4歳から11歳の子どもは子ども用セットでS席4,500円、A席4,000円、B席3,500円です。

どの席の利用でもキャストの方が案内してくれます。アトラクションに乗れなくてもショーを楽しめるので、ディズニーランドに来たメインの予定としてぜひ楽しんでいただきたいです。

プラザパビリオン・レストラン(ウエスタンランド)

アメリカ西部の邸宅をイメージしたエレガントな雰囲気のレストランがプラザパビリオン・レストランです。店内席とテラス席があり、ディズニーランドで一番広いレストランです。

ハンバーグ&エビフライのプレートや洋食中心の季節のメニューを楽しむことができます。お子様セット(940円)もあります。食事の予算は1,500円から2,000円です。

注文形式はトレイを持って、好きな料理を選んでとり、最後に会計をするスタイルです。プライオリティシーティングでの予約がないため、空いている時に利用しましょう。

クイーン・オブ・ハートのバンケットホール(ファンタジーランド)

クイーン・オブ・ハートのバンケットホールは、ディズニー作品「不思議の国のアリス」をモチーフにしたレストランです。トランプの兵隊やハート柄がとてもかわいく、レストランに行くだけで楽しい雰囲気になれます。

こちらのレストランはプライオリティシーティング対象ではないため、予約なしで空いていれば入ることができます。お昼時や夕ご飯時など混んでいる時間帯をずらして利用するのがおすすめです。

メニューはローストチキンやサーモンのオーブン焼き、チーズハンバーグなどがあり、人気なのが可愛いスイーツやドリンクです。予算は食事の場合、1,500円から2,000円程度。お子様セット、低アレルゲンメニューにも対応しています。

好きな食事をレーンから取って、最後に会計するスタイルです。キャストさんへのオーダーでの注文はできないので注意しましょう。

クイーン・オブ・ハートのバンケットホールがあるファンタジーランドには、ダンボやイッツ・ア・スモールワールドなど小さな子どもや抱っこで乗れるアトラクションが多いので、アトラクションを楽しみながらレストランに入ってみるのもおすすめです。

プラズマ・レイズ・ダイナー(トゥモローランド)

プラズマ・レイズ・ダイナーはトゥモローランドの中心部にあるレストランです。このレストランの良いところは、なんといっても広いところ。とにかく席数が多く、広いため食事はもちろん、休憩にも最適です。

また、テラス席があり、シンデレラ城に面している場所はパレードルートになるので、天候や時間があえば、とても楽しめるスポットになっています。

食事内容はオムライスやうどんなど、気軽に食べやすいメニューやポテト、スープなどのサイドメニューが揃っています。シーズナルメニューも楽しめますよ!価格も1,000円から2,000円程度なので、ディズニーランドのレストランの中では手頃です。

プライオリティシーティングでの予約はなく、レジで注文して自分で食事を受け取り、好きな席で食べるスタイルです。席を探せなかったり、料理を持ちきれない場合はキャストの方にお願いすれば、サポートしてくれるので声をかけましょう。

プラズマ・レイズ・ダイナーのミッキー型の器に乗ったご飯とおかず、スープなどのお子様メニュー
お子様メニューです。そぼろだったためきざみ食にはしませんでしたが、スープなどに混ぜてまとまりを作って食べました。

誰もが食事を楽しめるディズニーランド

ディズニーランドできざみ食やペースト食加工に対応しているレストランを紹介しました。どのレストランでも親切に対応してくれますので、安心して利用してみてくださいね。

また、アトラクションに乗れなくてもレストランで楽しめるポイントもたくさんあります。ディズニーランドでの食事のひとときを楽しんでみていただけたら嬉しいです。

ディズニー関連ならこちらの記事もおすすめ


ファミケアの掲載記事およびコラムに関しては、当事者および専門家によって作成しておりますが、全ての方に当てはまる情報ではございません。投稿された情報の利用により生じた損害について、ファミケア運営元では責任を負いかねますので、あくまでもご家庭での判断のもと参考情報としてご利用ください。また、特定の施設や商品、サービスの利用を推奨するものではありません。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よろしければシェアおねがいします!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

20歳からインターネットの仕事をしながら、25歳から起業家というお仕事をしています。「あたりまえを、あたらしく。」をビジョンに掲げるNEWSTAの代表取締役。お家では2児のママで長男のあちょくんは福山型筋ジストロフィー。

コメント

コメントする

※コメントは運営の承認後、表示されます
※コメント欄は現在一時的に公開しております。状況によってはコメント欄を停止する場合がございます。ご了承ください。

目次